So-net無料ブログ作成
検索選択

営業とは、会社の看板背負った、『話を聞いてもらう権利のある会社の代表者』 [お仕事]

営業とは、相手にPRを聞いてもらう権利を持っています。
自分の会社で、選ばれた人間です。そう思えないのと、NGだよ。

巷で、「営業に回されたんだって。」と、営業は悪いイメージがあるけど
ようは、営業からやり直せってことかもね。

お客さんに何を話しますか?
会社の複雑なソフトの説明?
話しても全く覚えてくれませんよね。むしろ、話さなくていい!!

よく、自分を売り込めと言うけど漠然としているよねー。
まずは、自分のスタイルを常識範囲でPRしてもいいよね。
自分の生い立ちを話すのもいいかも。
でも、そこでも耳を澄まして、目を見張って相手の反応を見ること。

あと、つぎ大事だから、2回います。
自分と相手の共通点を探し出すのだっ!!
自分と相手の共通点を探し出すのだっ!!

出身地や、出身校、趣味などが同じだと親近感が持てます。
急接近間違えなしです。

相手を質問攻めにしないように、自分の事を話して相手との共通点を
聞き出しましょう。
「私、東京の狛江市出身なんですよ。日本で2番目に小さい市で、
絵手紙の発祥の地なんですよ。」
目黒大学卒業したんですが・・・・・・」みたいにね。
すると、「狛江市には、2年間住んでいたよっ。」と
反応が帰ってくるから。

忘れてはいけないのは、自分の笑顔。
相手が笑わないのは、あなたが笑っていないから。
笑顔で話せば相手も、笑顔になるよっ。これは、赤ちゃんと一緒の行動かなー。



nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 0

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。